敏感肌のスキンケア法とは?

敏感肌に悩んでいる人も少なくないかと思いますが、敏感肌は使用する化粧品なども「敏感肌用」といった特別なアイテムが必要ですよね。
けれども、そういったアイテムを使っていてもお肌のケアの方法が間違っていては効果が得られないだけでなく却ってお肌に悪影響を与える可能性もあるので要注意ですよ。

パッチテストは必須

敏感肌の人がまず気をつけなければならないのが、非常に繊細なスキンケアが求められるという点です。
とにかく洗顔や保湿、メイク用品などアイテムは「低刺激」を選ぶことが基本です。
ただし、それらが肌質にあっているかをチェックするための「パッチテスト」をお忘れなく。

パッチテストは今まで使ったことのない化粧品などを使用する際に、腕の目立たない部分などに少しつけてアレルギー反応などが出ないかどうかを試してみるもので、一般的に行なわれています。
特に敏感肌なら必ずパッチテストを行なわなければ、使っている途中にさまざまなトラブルが生じる危険性があります。

また、一度パッチテストを行なって問題がなかったからと、使い切った後もまた同じ商品を使い続ける人も少なくありませんが、新たに購入する際には再度パッチテストを行なうことをおすすめします。
というのも体質などが変化しているケースがあり、以前は問題なくても今回は問題が起こる可能性も否定できないからです。

美容PR:艶つや習慣 口コミ

ホルモンバランスの変化の影響

次に、時期に応じたスキンケアを行なう必要があるという点です。
女性の肌も身体も非常にデリーケートです。
女性の身体は月経に表されるように月単位でホルモンバランスが変化し、そしてこのホルモンバランスは肌の状態にも大きな影響を与えます。
したがって、生理期間中は普段より刺激の少ないスキンケア用品を使うことをおすすめします。
そして、刺激の強めなアイテムを使うのであれば生理が終わってからホルモンバランスが比較的安定した1週間程度経ってからにするほうが好ましいです。

万が一に備えよう

また、肌トラブルが生じたとき用のスキンケア用品を準備しておくこともおすすめです。
普段は通常のケアをしていても、トラブルが発生したときには抗炎症作用のあるアイテムを使用しましょう。
敏感肌とひと口にいっても、症状や状況、環境は人それぞれですから、自分に合ったスキンケアを行なうことが大切です。

広告PR:エルシーノ美白美容液 サプリ